Wednesday, April 24, 2024

Amazon KDPが変わっています – 2024年に成功する方法

📚 Amazon KDP: 2023年以降の変化への適応

Amazon KDPの出版者または将来の出版者ですか?もしそうなら、最近の変化とそれに適応する方法を把握する必要があります。私は7桁のAmazon KDPビジネスを構築し売却した経験を持ち、現在は2つ目のアカウントを構築している立場から、これらの変化について直接的な経験を持っています。この記事では、起こった主な変化について説明し、2023年以降に成功するためのヒントを提供します。

📈 変化1:低コンテンツとAI生成書籍の洪水

私が最も注目した変化の1つは、近年の低コンテンツ書籍の洪水であり、現在はAI生成書籍の洪水に移行していることです。このスパムコンテンツの洪水は、Amazonをより厳格にコンテンツガイドラインに準拠させることになりました。人々は1日に数十冊、場合によっては数百冊の本をアップロードしており、その多くは内部構成がまったく同じで表紙だけが変わっているものです。これにより、顧客は新しい本を購入していると思って同じ本を手に入れることになり、顧客の体験が悪くなります。その結果、Amazonは数年前と比べてどのようなコンテンツがアップロードできるかについてより厳格になりました。

この変化に適応するためには、量よりも品質に重点を置くべきです。低品質な本を量産する代わりに、スローペースにして高品質な本に集中しましょう。顧客について学ぶ時間を取り、良い表紙と内部構成を作り、顧客にサービスを提供し、彼らの問題を解決することに真剣に取り組んでください。高品質な本の表紙や内部構成の作り方がわからない場合は、その分野に特化した専門家を雇うこともできます。プロに外注することは、高品質な本を手に入れるための簡単な方法です。

📈 変化2:パフォーマンスベースのアルゴリズム

Amazonは以前、SEOに基づいて本をランク付けしていましたが、現在はパフォーマンスベースのアルゴリズムに切り替えています。つまり、Amazonは本のランキングをタイトルのキーワードだけでなく、売上とレビューに基づいて行います。この変化は、キーワードの詰め込みによって高いランキングを獲得していた低品質な本を取り除くために行われました。この変化に適応するためには、本が公開された直後に売上とレビューに注力することが重要です。これにより、Amazonに本がうまくパフォーマンスしていることを証明し、1ページに配置され、より多くの人に表示されるようになります。

📈 変化3:AIの台頭

AIは出版プロセスに徐々に統合され、本の作成をより迅速かつ安価にするようになっています。ただし、AI生成コンテンツには人間の執筆に伴う個性が欠けることが多いです。そのため、AIはツールとして使用するべきであり、人間の執筆の代わりにはなりません。この変化に適応するためには、それを受け入れ、AIを適切かつ効率的に利用する方法を学びましょう。AIを本の執筆に役立てるためのツールとして使用し、AIツールによって生成されたコンテンツをそのまま使用しないようにしましょう。常にAIツールによって生成されたコンテンツを書き直すことが重要です。

📈 メリットとデメリット

メリット:

– Amazonは低品質なスパムコンテンツに取り組んでいます

– パフォーマンスベースのアルゴリズムは高品質な本を評価します

– AIは出版プロセスをより迅速かつ安価にすることができます

デメリット:

– 低コンテンツとAI生成書籍の洪水

– AI生成コンテンツには個性が欠ける

– AmazonはAI検出システムを導入する可能性があります

📈 ハイライト

– 量よりも品質に重点を置く

– 本が公開された直後に売上とレビューを獲得する

– AIを人間の執筆の代わりではなくツールとして使用する

📈 FAQ

Q: 低コンテンツとAI生成書籍の洪水にどのように適応できますか?

A: 量よりも品質に重点を置き、顧客に役立ち、彼らの問題を解決する高品質な本を作成しましょう。

Q: パフォーマンスベースのアルゴリズムにどのように適応できますか?

A: 本が公開された直後に売上とレビューに注力し、Amazonに本がうまくパフォーマンスしていることを証明しましょう。

Q: 出版ビジネスでAIをどのように活用できますか?

A: AIを本の執筆に役立てるためのツールとして使用しましょうが、AIツールによって生成されたコンテンツをそのまま使用しないようにしましょう。常にAIツールによって生成されたコンテンツを書き直すことが重要です。

📈 リソース

– Upwork

– Fiverr

– The Urban Writers

– Originality.ai

結論として、Amazon KDPの変化は出版が衰退していることを示すものではなく、進化していることを意味しています。これらの変化に適応することで、2023年以降に成功することができます。量よりも品質に重点を置き、本が公開された直後に売上とレビューを獲得し、AIを本の執筆に役立てるツールとして使用することで、成功するAmazon KDPビジネスを構築できます。