Monday, April 15, 2024

「Amazon PPC最適化の方法(2023年の無料PPC管理ソフトウェア付き)のやり方」

# 目次

1. はじめに

2. 広告パフォーマンスの理解

– 2.1 月次変化

– 2.2 ベンチマーク

3. パフォーマンスファネルの分析

– 3.1 インプレッションとクリック率

– 3.2 コンバージョン率と注文数

– 3.3 クリック単価と平均注文価格

– 3.4 広告費用対売上高(ACoS)

4. 競合他社とのパフォーマンス比較

– 4.1 クリック率ベンチマーク

– 4.2 コンバージョン率ベンチマーク

– 4.3 クリック単価ベンチマーク

– 4.4 ACoSベンチマーク

5. Benchmarker 2.0の活用

– 5.1 広告パフォーマンスの概要

– 5.2 パフォーマンスマトリックス

– 5.3 インパクトドライバー

– 5.4 製品分析

6. 結論

## はじめに

電子商取引の世界では、広告は売上を推進し利益を最大化する上で重要な役割を果たしています。しかし、広告費の管理やパフォーマンスの最適化は課題となることがあります。本記事では、perpetuaが提供する無料ツールであるBenchmarker 2.0を活用して、広告パフォーマンスを分析し改善する方法について探求します。主要な指標やベンチマークを理解することで、セラーはデータに基づいた意思決定を行い、広告戦略を強化することができます。

## 広告パフォーマンスの理解

### 2.1 月次変化

広告パフォーマンスを評価するためには、月次変化を分析することが重要です。これにより、セラーは現在の月における広告のパフォーマンスを前月と比較することができます。Benchmarker 2.0は、広告パフォーマンスの包括的な概要を提供し、最も優れた指標と最も劣った指標を強調します。変化を追跡することで、セラーは改善の余地がある領域を特定し、必要な調整を行うことができます。

### 2.2 ベンチマーク

ベンチマークは、Benchmarker 2.0の貴重な機能であり、セラーが競合他社とのパフォーマンスを比較することを可能にします。このツールは、色付きのドットで表されるベンチマークスケールを提供します。赤は、競合他社と比較してパフォーマンスが低いことを示します。