Friday, April 12, 2024

伝統的に出版された本を書いてベストセラーになる方法

📚 ファミリーファーストエンタープレナー:ベストセラー本の執筆と出版の舞台裏をのぞいてみよう

「ベストセラー本を書くためには何が必要なのか気になりませんか? この記事では、スティーブ・チョウによる「ファミリーファーストエンタープレナー」という本の執筆と出版のプロセスについて、舞台裏をのぞいてみます。この本は伝統的な出版社から6桁の前払いを受け、全米のベストセラーリストにランクインしました。初めのアイデアから本のマーケティングとローンチまで、すべてをカバーしますので、さっそく見ていきましょう!

🤔 なぜ本を書くのか?

一般的な考えとは異なり、スティーブ・チョウは「ファミリーファーストエンタープレナー」を書いたのは、人生を変えるためのお金を稼ぐためでも、ビジネスに大きな影響を与えるためでもありませんでした。代わりに、彼が本を書く主な理由は以下の4つでした:

1. 本を書くことは彼のバケットリストにあり、一度は公式に何かを出版したかったのです。

2. 彼は子供たちをバーンズ・アンド・ノーブルに連れて行き、本を棚に並べて見せたかったのです。

3. 彼の母親は彼が一体何をしているのかよく理解していなかったので、彼女に共感できるものを与えたかったのです。

4. 彼は自分の物語を共有し、自由になり十分なお金を稼ぎたいという彼と同じような人々を助けたかったのです。

📝 本の執筆

本の執筆の最初のステップは、何について書くかを決めることでした。スティーブはブログ記事、オンラインコース、ポッドキャストエピソード、YouTube動画など、たくさんのコンテンツを整理する必要がありました。問題は、トピックがバラバラだったため、その情報を整理することでした。そこで、彼はベストセラー作家のジェフ・ゴインズを雇い、すべてを整理しました。

本のテーマは「ファミリーファーストエンタープレナーシップ」であり、少ない労力で多くの成果を上げることについてです。スティーブは自分の物語を共有し、20時間以下の労働時間で2つの7桁のビジネスを運営できることを他の人々に示したかったのです。ジェフはスティーブの既存の素材を統一的な章にまとめるのを手伝い、スティーブは空白部分を音声で補完しました。

スティーブが最初の草稿を完成させると、編集のために出版社に送りました。本の執筆はおそらくプロセスの中で最も簡単な部分でしたが、最も手間のかかる作業でもありました。

📄 本の提案書の作成

本の提案書の作成には約1年かかりました。提案書は49ページにわたり、著者に関するハイライト、マーケティングと広報、本について、市場と対象読者、類似タイトル、アウトラインとサンプルの章など、いくつかのセクションに分かれていました。

提案書が作成された後、スティーブはエージェントを雇い、ビッグファイブの出版社に本を売り込みました。エージェントを雇う利点は、彼らがビッグファイブの出版社の編集者と既に関係を持っていることです。スティーブのエージェントは提案書を関係者に回し、スティーブはZoomを通じてさまざまな出版社と会い、自分の本が適しているかどうかを確認しました。そして、各出版社が入札を提出する日付を設定し、その日に勝者を選びました。

スティーブは、ゲイリー・ヴェイナーチャックやさまざまな著者と過去に仕事をしたことのある編集者であるホリスのために、主にハーパーコリンズを選ぶことにしました。

🚀 マーケティングとローンチ

本の販売とマーケティングは、スティーブが今までに直面した中で最も困難なことの一つでした。ビデオ、ソーシャルメディア、TikTokの時代において、人々は以前ほど本を読まなくなっています。スティーブの目標はベストセラーリストに入ることであり、これは容易なタスクではありません。それを達成するには、1週間で5,000〜6,000冊の本を売る必要があります。

スティーブは本のローンチコーチを雇い、緊急性を生み出すために690ドル相当の素晴らしいボーナスを提供しました。彼は多くのポッドキャストに出演し、親しい友人と協力して彼らのメーリングリストに送信し、過去に彼をスポンサーした会社と協力して本をまとめ買いし、その観客に配布しました。

🎉 結論

ベストセラー本を書くことは簡単なことではありませんが、適切なマインドセット、戦略、チームがあれば可能です。スティーブ・チョウの「ファミリーファーストエンタープレナー」はそれを証明しています。本を書くことを考えている場合は、スティーブの旅からインスピレーションを得て、お金やビジネスへの影響ではなく、自分の物語を共有し、自由になり十分なお金を稼ぎたいと思っている人々を助けることに集中してください。

メリット

– ベストセラー本の執筆と出版の舞台裏をのぞくことができる

– 作家志望者にとって貴重な洞察とヒントを提供する

– フルタイムの作家でなくても、本を書いて全国のベストセラーリストにランクインすることができることを示している

– 起業における家族とワークライフバランスの重要性を強調している

デメリット

– マーケティングとローンチのセクションが売り込みとボーナスに焦点を当てすぎていると感じる読者もいるかもしれません

– 起業やビジネスに興味のない読者には関連性が薄いかもしれません

🌟 要点

– スティーブ・チョウの「ファミリーファーストエンタープレナー」は伝統的な出版社から6桁の前払いを受け、全米のベストセラーリストにランクインしました。

– 本を書くことはスティーブのバケットリストにあり、一度は公式に何かを出版したかったのです。

– 本のテーマは「ファミリーファーストエンタープレナーシップ」であり、少ない労力で多くの成果を上げることについてです。

– 本の提案書の作成には約1年かかり、スティーブはエージェントを雇い、ビッグファイブの出版社に本を売り込みました。

– 本の販売とマーケティングは、スティーブが今までに直面した中で最も困難なことの一つでした。

🙋‍♀️ よくある質問

Q: 「ファミリーファーストエンタープレナー」とは何ですか?

A: 「ファミリーファースト