Wednesday, April 24, 2024

RICE の優先順位付けとは何ですか? 製品ロードマップに優先順位を付けるための RICE スコアの計算方法は何ですか?

チームが改善分野の特定、新しいアイデアのブレインストーミング、フィードバックの収集に力を注ぐと、包括的な製品ロードマップの作成につながります。製品ロードマップを作成したら、次はどれを最初に重視するかを決定します。このため、プロダクト マネージャーは優先順位付けにある程度の時間を費やす必要があります。

このシナリオを促進するために、RICE の優先順位付けは、製品ロードマップに優先順位を付けるための効果的なフレームワークです。これは、マネージャーが最終スコアに基づいてどのアイデアを優先するかについて明確な決定を下すのに役立ちます。このフレームワークは、リーチ、インパクト、信頼性、労力という 4 つの確かな指標に基づいた体系的なアプローチに従っています。したがって、このガイドでは、RICE 優先順位付けフレームワーク、その動作原理、および知っておく必要があるその他の詳細について詳しく説明します。

製品ロードマップに優先順位を付けるのが難しいのはなぜですか?

製品ロードマップは、新しいアイデア、改善の範囲、顧客からのフィードバックなど、さまざまな要素で構成されています。ただし、製品マネージャーがこれらの側面に取り組む順序によって、大きな違いが生じる可能性があります。次の理由により、これらのアイデアに優先順位を付ける際に困難に直面する可能性があります。

  1. 顧客に利益をもたらす取り組みに焦点を当てるのではなく、個人的な偏見に基づいた計画を好む。
  2. 賢明なアイデアや賢いアイデアに取り組むことは、実用的なアイデアよりも魅力的であり、主な目標を後回しにする可能性があります。
  3. より可能性の高い現在のプロジェクトに固執するのではなく、新しい取り組みに飛びつく。
  4. あるプロジェクトが別のプロジェクトに比べてどれだけ多くの労力を必要とするかを見落とす。

これらすべての課題やその他の課題により、長期的には優先順位付けのプロセスと製品が損なわれる可能性があります。

優先順位付けのための RICE スコアリング モデルの導入

RICE 優先順位付けスコアリング モデルは、製品マネージャーがロードマップに合わせて製品と機能に優先順位を付けるのに役立つ強固なフレームワークです。関連項目の選択は、リーチ、インパクト、信頼性、労力という 4 つの要素に基づいて行われるため、その頭字語が RICE と呼ばれています。

このモデルは、適切に使用すれば、プロダクト マネージャーに次のような多くのメリットをもたらします。

  • 製品選択に関して十分な情報に基づいた意思決定ができ​​るよう支援します。
  • 意思決定における個人的な意見の関与を減らす。
  • マネージャーが自分たちの決定を上級当局に説明できるようにする確かな計画を提供します。

つまり、RICE 優先順位付け方法は、製品ロードマップの優先順位付けのプロセスを合理化し、製品マネージャーがスマートかつ効果的に計画を立てるのに役立ちます。

RICEの優先順位付けの歴史をざっと見てみる

RICE 優先順位付け手法の歴史に関しては、メッセージング ソフトウェア会社 Intercom がその開発に貢献したとされています。これは、製品に関する組織の内部意思決定を強化するために作成され、すぐに世界的に認められるようになりました。

基本的に、RICE が登場する前には多くの優先順位付けモデルが存在していましたが、Intercom 独自の要件を満たすものはありませんでした。これにより、4 つのカテゴリー (リーチ、インパクト、信頼性、労力) に基づいて製品に優先順位を付ける基準が開発されました。さらに、RICEスコアの計算式まで考案した。

出力された数値はさまざまな目的に使用できるため、プロダクト マネージャーは効果的なロードマップに向けて有益な取り組みに優先順位を付けることができます。

RICE優先順位付けフレームワークはどのように機能しますか?

以下で詳しく説明するように、各 RICE 優先順位付け要素を決定するための個別の基準があります。

1.リーチ

リーチとは、プロジェクトが特定の期間内に影響を与える顧客の数を指します。数学的計算には、表面的な数値ではなく、製品に関連する実際の指標を使用する必要があります。簡単に言えば、リーチとは、四半期ごとの顧客数、月ごとのトランザクション数など、特定の期間における人数またはトランザクションの数を指します。

いくつかの例を使用して、リーチ RICE メソッドの優先順位付け要因を理解しましょう。

  • プロジェクトAファネルのサインアップ段階まで毎月 500 人の顧客を引きつけることができます。しかし、特定の選択肢を支持しているのはわずか 30% です。このプロジェクトの四半期におけるリーチを計算するには、1 か月あたりの集客数 (500) に関心のある顧客の割合 (30%) を掛け、さらに四半期の月数 (3) を掛けます。したがって、リーチは四半期あたり 500 x 30% x 3 = 450 人の顧客となります。
  • プロジェクトB機能にいくつかの変更が加えられているため、それを使用するすべての顧客が開発に遭遇することになります。このようにすると、リーチは四半期ごとに 1,500 人の顧客になります。
  • プロジェクトC1 回限りの変更はその後の四半期には反映されないため、影響を受けるのは 600 人の既存顧客のみです。このようなシナリオでは、リーチは四半期あたり 600 人の顧客になります。

2. 影響

インパクトとは、プロジェクトが 1 人の人間に与えると推定される影響を指します。これは、マネージャーが会社を目標に近づけるプロジェクトの優先順位を付けるのに役立ちます。たとえば、イニシアチブが達成するコンバージョン率などです。ただし、プロジェクトがどのように採用率の向上に貢献したか、顧客の最大の満足度につながったかなど、ビジネス ニーズに応じて目標を調整できるため、これに制限はありません。

影響を計算するために従うべき特定の公式はありません。代わりに、以下に示すように、この目的のために複数選択スケールを選択できます。

  • 3 – 巨大な衝撃
  • 2 – 大きな影響
  • 1 – 平均的な影響
  • 0.5 – 低衝撃
  • 0.25 – 最小の影響

影響の例をいくつか示します。

  • プロジェクト A に出会った人は誰でも、それに大きな感銘を受けるでしょう。したがって、簡単に 3 を割り当てることができます。
  • プロジェクトB多くの顧客に影響を与えることができませんでした。したがって、この状況では 1 衝撃スコアが適切です。
  • プロジェクトC平均的な結果が得られるため、スコアを 2 (中程度の影響) に決定できます。

3.自信

刺激的に聞こえても、それを裏付ける確かなデータが欠けているアイデアに出会うことがよくあります。自信は、そのようなプロジェクトに関する見積もりについてどの程度確信があるかを評価することで、いつ撤退すべきかを示します。

興味深いアイデアを実行したくなる一方で、実際に考えないとプロセスの途中で行き詰まってしまう可能性があります。したがって、信頼パーセンテージを使用して、プロジェクトを続行すべきかどうかを決定できます。スケールは次のようになります。

  • 100% – 高い信頼性
  • 80% – 中程度の信頼度
  • 50% – 信頼性が低い

50% を下回る数値は考慮すべきではありません。そのようなシナリオではプロジェクトが失敗する可能性があり、リソースと時間の無駄につながるからです。

この RICE 優先順位付けメトリックの例をいくつか示します。

  • プロジェクトAには、リーチと影響力を裏付ける定量的および定性的データと、確かな労力の見積もりがあります。この場合、プロジェクトに対する信頼度は 100% でな​​ければならず、プロジェクトは正常に実行されます。
  • プロジェクト B の場合、リーチと影響の見積もりにはアクセスできますが、取り組みに関するデータはありません。80% の信頼スコアが得られます。
  • プロジェクトC評価の結果、その範囲と影響が推定よりも小さく、チームはより多くの努力をする必要があることが示されているため、信頼スコアは 50% になります。

4. 努力

RICE の優先順位付けの作業指標では、プロジェクトの開始から終了までに必要な合計時間を計算する必要があります。それにはメンバー全員の努力が含まれなければなりません。

正確に計算するには、作業量は「人月」、つまりチーム内の 1 人の従業員が 1 か月で完了できる作業量に基づいて見積もられます。整数を使用して努力スコアを推定できます。作業が 1 か月分より大幅に少ない場合は、0.5 の努力スコアを使用することもできます。

プロジェクトのプラスの影響を高める他の要素とは異なり、労力の増加は全体の影響を分割するため、それほど評価できるものではありません。

このメトリクスをよりよく理解するための例をいくつか示します。

  • プロジェクト A の計画に 1 週​​間、設計に 2 週間、エンジニアリング チームに 4 週間かかる場合、その工数スコアは 2 人月に設定できます。
  • プロジェクトB計画には数週間、設計には数日、エンジニアリングには数か月かかるため、工数スコアは 4 人月に設定されます。
  • プロジェクトCシンプルで、計画や設計に長時間を費やす必要はありません。エンジニアリング チームが数日必要とするだけなので、作業スコアは 1 人月に設定できます。

RICEスコアの計算方法は?

4 つの要素の推定が完了したら、次は簡単な式に基づいて最終的な RICE スコアを取得します。

結果として得られる数値は、作業時間当たりの合計の影響を示します。最良の結果を得るには、これを最大化する必要があります。RICE スコアを計算する最も簡単な方法は、スプレッドシートを使用することです。最終結果が得られたら、最適なスコアが不足しているプロジェクトの見積もりを再評価し、効果的に優先順位を付けます。

RICE優先順位付けフレームワークの効果的な使用方法

RICEの優先順位付けスコアは推定に基づいています。したがって、厳密に使用する必要はありません。たとえば、スコアが低くてもプロジェクトを続行しなければならない場合があります。それには次のようないくつかの理由が考えられます。

  • プロジェクトは接続されているため、別のプロジェクトを開始する前に、あるプロジェクトを完了する必要がある場合があります。
  • 一部の顧客に販売するには特定の機能が必要な場合があるため、それが優先されます。

要するに、普通とは思えない決断を下さなければならないのです。RICE スコアリング モデルを使用すると、そのようなやり取りを明確に把握できるため、幹部に説明しやすくなります。

プロダクトマネージャーが優先順位付けのために RICE スコアを好むのはなぜですか?

優先順位付けのための RICE スコアは、次のような多くの理由からプロダクト マネージャーの間で人気があります。

  • RICE 優先順位付けモデルは、特定の目標に対する潜在的な利点に基づいて、どのアイデアに最初に取り組むかを分類するのに役立ちます。
  • 大きなタスクを 4 つの小さな指標に分割することで、プロセス全体の思考と管理が容易になります。
  • RICE スコアは多用途であり、新機能、製品アップデート、プロジェクトの評価など、さまざまな目的に使用できます。
  • 特定の決定が行われる理由を全員が理解できるようにすることで、チームワークの向上を促進します。

上記のすべての理由やその他の理由により、RICE 優先順位付けフレームワークはプロダクト マネージャーのお気に入りの選択肢となっています。ただし、大きな障害が発生する可能性があります。つまり、チーム メンバーがこのモデルを理解する際に問題に直面する可能性があります。この目的のためにワークショップを手配することもできますが、確実なアイデアは、AI Chatbot by Shulex 24時間年中無休で質問に答えることができます。

最も優れている点は、独自のデータに基づいてボットをトレーニングできるため、正確な回答が得られることです。こうすることで、RICE 優先順位付けフレームワークに関する従業員のトレーニングに費やすリソースを削減できます。

まとめ

RICE 優先順位付けモデルは、どのアイデアを最初に取り組むべきかについてプロダクト マネージャーに明確なイメージを与える強固なフレームワークです。正確に使用すれば、個人の偏見や感情を後回しにして、組織のデータ主導の意思決定を強化できます。最後に、プロダクト マネージャーは RICE の優先順位付けを導入し、価値のあるプロジェクトのみに取り組むことでより高い ROI を達成することをお勧めします。

Leave a Reply