Friday, July 12, 2024

2024年 KDP COLORING BOOK AMAZONで販売するためのアップロードチュートリアル

2024年にKDPで自己出版する方法:ステップバイステップガイド 📚

AmazonのKDPプラットフォームで自分の塗り絵本を自己出版したいと考えている作家志望の方へ。これ以上探す必要はありません!このガイドでは、2024年にKDPでの塗り絵本のアップロードと販売の手順を詳しく説明します。イラストの作成からPDFファイルのアップロードまで、すべてカバーします。それでは、始めましょう!

目次

1. はじめに

2. イラストの作成

3. PDFファイルのアップロード

4. KDPへの登録

5. アカウントの設定

6. 本の作成

7. カテゴリの選択

8. 価格の設定

9. 校正用のコピーのリクエスト

10. 本の公開

はじめに

AmazonのKDPプラットフォームで塗り絵本を自己出版することは、作家ブランドを確立し拡大するための収益性の高い方法です。AIによる生成画像の台頭により、イラストを作成するための選択肢がこれまで以上に増えました。このガイドでは、イメージの作成について従来の方法と新しい方法の両方をカバーし、KDPでの本のアップロードと販売の手順も詳しく説明します。

イラストの作成

塗り絵本を公開する前に、イラストを用意する必要があります。イメージを作成するためには、イラストレーターを雇うか、AIによって生成された画像を使用するという2つの選択肢があります。イラストレーターを雇う場合は、プロジェクトに適したイラストレーターを見つける方法についてのビデオをご覧ください。AIによる生成画像を使用する場合は、Mid-Journeyなどのプラットフォームがグレースケールの塗り絵本の作成をサポートします。

PDFファイルのアップロード

イラストが完成したら、カバーファイルと内部ファイルの2つのPDFファイルを作成する必要があります。これらのファイルは、KDPで本を公開するために必要です。ビデオでは、PDFファイルのアップロード手順とKDPの書式要件を満たしているかどうかの確認方法を詳しく説明します。

KDPへの登録

KDPで塗り絵本を公開するためには、アカウントに登録する必要があります。既にAmazonアカウントをお持ちの場合は、既存のログイン情報を使用してKDPにサインインするだけです。Amazonアカウントをお持ちでない場合は、まずアカウントを作成し、その後KDPに登録する必要があります。

アカウントの設定

KDPに登録したら、税金と支払い情報を入力してアカウントを設定する必要があります。この情報は、KDPからロイヤリティを支払うために必要です。また、本棚、レポート、コミュニティ、マーケティングセクションにアクセスできるようになります。これらについては、このガイドの後半で詳しく説明します。

本の作成

アカウントが設定されたら、本の作成に取り掛かりましょう。ペーパーバックの詳細セクションでは、本のタイトル、サブタイトル、著者名、および説明を入力します。価値のあるキーワードを含む戦略的なタイトルを選ぶようにしてください。また、本のカテゴリとキーワードを選択する必要があります。これにより、顧客がAmazonで本を見つけやすくなります。

カテゴリの選択

本に適切なカテゴリを選ぶことは、適切な読者の目に触れるために重要です。カテゴリセクションでは、本に最も適した3つのカテゴリを選択します。例えば、大人向けの塗り絵本を出版する場合は、「塗り絵本」「クラフト、趣味、家庭」「大人向けの塗り絵本」などのカテゴリを選ぶことができます。

価格の設定

本の適切な価格設定は、ロイヤリティの最大化と読者の手に届けるために重要です。価格、ロイヤリティ、配信セクションでは、KDPで許可されている最低価格と最高価格に基づいて本の価格を設定します。また、本の価格と配信オプションに応じてロイヤリティ率を選択する必要があります。

校正用のコピーのリクエスト

本を公開する前に、校正用のコピーのリクエストをすることは非常に重要です。校正セクションでは、マーケットプレイスを選択し、校正用のコピーのリクエストを提出します。校正用のコピーを受け取った後、本を公開する前に必要な変更を行うことができます。

本の公開

おめでとうございます!KDPでの塗り絵本の公開の準備が整いました。最終セクションでは、本の詳細を確認し、「ペーパーバックの公開」ボタンをクリックします。72時間以内に、本はAmazonで購入可能になります。

メリットとデメリット

メリット:

– KDPでの自己出版は、作家ブランドを確立し拡大するための素晴らしい方法です。

– AIによる生成画像の台頭により、イラストを作成するための選択肢がこれまで以上に増えました。

– KDPは、本のアップロードと販売のための使いやすいプラットフォームを提供しています。

デメリット:

– 自己出版は、特にプラットフォームに慣れていない場合、時間のかかるプロセスになることがあります。

– 混雑した市場で目立つことは難しいため、カテゴリとキーワードを慎重に選ぶことが重要です。

– KDPはロイヤリティの一部を取得するため、価格戦略にそれを考慮する必要があります。

ハイライト

– KDPでの塗り絵本の自己出版は、作家ブランドを確立し拡大するための収益性の高い方法です。

– イラストを作成するためには、イラストレーターを雇うか、AIによって生成された画像を使用するという2つの選択肢があります。

– 適切なカテゴリとキーワードを選ぶことは、本を適切な読者の目に触れさせるために重要です。

– KDPはロイヤリティの一部を取得するため、価格戦略にそれを考慮する必要があります。

よくある質問

Q: KDPで自分のISBN番号を使用できますか?

A: はい、KDPで自分のISBN番号を使用することができますが、Bowkerなどの第三者プロバイダーから購入する必要があります。

Q: 本に適切なカテゴリを選ぶにはどうすればよいですか?

A: 本に最も適したカテゴリを選び、顧客がAmazonで見つけやすくなるようにしてください。自分のジャンルの他の本がどのようなカテゴリを使用しているか調査することも重要です。

Q: KDPで本を公開するのにいくらかかりますか?

A: KDPで本を公開するのは無料ですが、KDPはロイヤリティの一部を取得します。