Thursday, April 18, 2024

「2023年版 – ビジネスに最適な国 – 法人税が最も低い4か国」

# 目次

1. はじめに

2. 英国での法人設立

3. 米国での法人設立

4. キプロスでの法人設立

5. エストニアでの法人設立

6. グルジアでの法人設立

7. マン島での法人設立

8. 税率の比較

9. 外国人株主の考慮事項

10. 個人税のメリット

11. 結論

# はじめに

現代のグローバルなビジネス環境において、起業家は様々な国で会社を設立する機会を持っています。どこに法人を設立するかによって、税金やビジネス全体の成長に重大な影響を与えることがあります。この記事では、会社設立に有利な4つのあまり知られていない国を探求します。各国の税率、メリット、考慮事項を分析し、情報を提供することで、情報を得て判断するための貴重な洞察を提供します。それでは、次の会社設立に最適な場所を見つけるために、探求してみましょう!

## 2. 英国での法人設立

英国は長年にわたり、好ましいビジネス環境のために法人設立の人気のある選択肢でした。しかし、最近の英国法人税率の変更により、一部の企業にとっては不利になっています。以前は法人税率が19%でしたが、2023年4月からは一定の利益水準に対して増加します。利益が£50,000以下の場合、税率は19%のままであり、利益が£50,000から£250,000の場合は…