Sunday, May 26, 2024

Slackを使ったDevOpsのエンジニアリング手法

DevOps活動のプラットフォームとしてSlackを活用する

👋 こんにちは、SlackのV Brennanです。今日は、私たちのDevOps活動のためにSlackをどのように活用しているかについてお話しするのが楽しみです。セッション後には、質疑応答のために私たちのSlackチャンネルに参加してください。

開発チーム、運用チーム、さらにはITチームを率いた経験がある私としては、DevOpsを強く支持しています。私は、それが非常に重要で異なるスキルセットを結びつけ、私たちが一緒により良いソフトウェアを作り上げることを信じています。

目次

1. Slackの紹介

2. SlackでのDevOpsの発展

3. 現代のソフトウェアチームが直面する課題

4. Slackが課題に対処するためにイノベーションを行う例

5. サービスの所有権

6. サービスの所有権のためのツール

7. インシデント対応

8. 本番準備レビュー

9. デプロイリスク評価

10. 結論

Slackの紹介

Slackは、私たちの創業者が作成した写真共有プラットフォームであるFlickrと同じく、Glitchというビデオゲームとして始まりました。残念ながら、Glitchはあまり成功しませんでしたので、チームはそれを終了することにしました。しかし、彼らはコミュニケーションと協力を促進するアプリを開発しており、それが彼らの仕事に不可欠だと感じました。このアプリがSlackとなり、現在では1200万人以上のアクティブユーザーがおり、そのうち半数以上が米国外のユーザーです。

SlackでのDevOpsの発展

初期の段階から、DevOpsは標準的な作業方法となり、競争上の優位性ともなっています。オペレーターがコードを書き、開発者が設定を書き、誰もがシステムの内部構造を理解する必要があります。世界はますます速くなり、複雑になっていくため、それに取り残されないようにする必要があります。DevOpsは、特定の変更や問題に関して広範なシステム知識を持つ人々を活用することに関わります。

現代のソフトウェアチームが直面する課題

システムはますます複雑になり、チームはそれに適応するために変化を余儀なくされています。Slackはこのトレンドを観察し、サービスの所有権とツールの観点からアプローチしています。

Slackが課題に対処するためにイノベーションを行う例

Slackは、デプロイの管理、ログの管理、アラート、エスカレーション、サポートをサポートするツールを開発しました。また、埋め込み型のSREモデルも持っており、チーム内で幅広いスキルを育成しています。

サービスの所有権

サービスの所有権とは、チームがエンドツーエンドの顧客体験を所有することを意味します。これは、モニタリングの管理やソフトウェアのユーザーへの提供だけでなく、サービスレベル目標に関するサービスの健全性の計測、良好なモニタリング、問題が発生した際の迅速な対応のためのアラートなども含まれます。

サービスの所有権のためのツール

Slackは、ツールがサービスの所有権の鍵であると考えています。彼らはデプロイの管理、ログの管理、アラート、エスカレーション、サポートをサポートするツールを開発しました。また、埋め込み型のSREモデルも持っており、チーム内で幅広いスキルを育成しています。

インシデント対応

インシデント対応は、システムと開発者が一緒に対応する場合に最も効果的です。Slackは、開発者がPrometheusやTerraformの動作原理を理解する必要がないように、2つのリンクを提供しています。目標は、開発者のエクスペリエンスを効率的かつ楽しいものにすることです。

本番準備レビュー

Slackは、新しい重要な機能を本番環境に導入する際に、それが準備ができていることを確認するために、本番準備レビューやデプロイリスク評価を行っています。

デプロイリスク評価

サービスの所有権を前提とすると、それにはコストがかかります。準備とサポートに重点が置かれ、負担を軽減しつつも可視性を通じて責任を与えることを目指しています。

結論

まとめると、SlackはDevOps活動のための強力なプラットフォームです。サービスの所有権とツールを活用することで、チームは効率的かつ効果的にエンドツーエンドの顧客体験を管理することができます。本番準備レビューやデプロイリスク評価により、Slackは新しい機能が本番環境に対応していることを確認しています。

ハイライト

– Slackは、Flickrを作成した同じ創業者によって作成されたビデオゲームであるGlitchとして始まりました。

– DevOpsは、特定の変更や問題に関して広範なシステム知識を持つ人々を活用することです。

– Slackは、デプロイの管理、ログの管理、アラート、エスカレーション、サポートをサポートするツールを開発しました。

– インシデント対応は、システムと開発者が一緒に対応する場合に最も効果的です。

– Slackは、本番準備レビューやデプロイリスク評価を行い、新しい機能が本番環境に対応していることを確認しています。

FAQ

Q: Slackとは何ですか?

A: Slackは、チームがより効率的に協力するためのコミュニケーションと協力のプラットフォームです。

Q: DevOpsとは何ですか?

A: DevOpsは、ソフトウェア開発とITオペレーションを組み合わせ、システム開発ライフサイクルを短縮し、ビジネス目標と密接に連携して機能、修正、更新を頻繁に提供する一連のプラクティスです。

Q: サービスの所有権とは何ですか?

A: サービスの所有権とは、チームがエンドツーエンドの顧客体験を管理することを意味します。モニタリングの管理からソフトウェアのユーザーへの提供までを含みます。

Q: インシデント対応とは何ですか?

A: インシデント対応とは、システムの正常な運用に影響を及ぼすインシデントを特定し、調査し、解決するプロセスです。

Q: 本番準備レビューとは何ですか?

A: 本番準備レビューは、新しい機能が設計、実装、テストにおいて本番環境に対応していることを確認するプロセスです。

リソース:

– https://www.voc.ai/product/ai-chatbot